金のなる木(カゲツ)の育て方・成長記録 ~100円ショップ編~(更新中)

目次

基本データ

育 て 易 さ:★★★★☆
成 長 速 度:★★★★☆
入手し易さ:★★★★★
耐 寒 性:★★★★☆(耐寒温度(目安):3℃)
耐 暑 性:検 証 中

原産地:南アフリカ
原産地の特徴①:気温が上昇するのは1〜3月で、気温が低下するのは6~8月頃。(日本とは季節感が真逆)
原産地の特徴②:年間を通してみると、日本の夏と冬ほど気温差はない。
原産地の特徴③:降水量は少なく、日本の3分の1程度。

風水・花言葉:『一攫千金』、『富』、『幸福を招く』
科・属:ベンケイソウ科 クラッスラ属
学名:Crassula ovata(クラッスラ オバタ)

スポンサーリンク

成長記録

一般的には『金のなる木(カネノナルキ)』で流通していますが、『成金草(なりきんそう)』『花月(かげつ)』、『マネーツリー』、等と様々な名称で呼ばれており、『Crassula ovata(クラッスラ オバタ)』というのが学名です。

金のなる木という名前は、新芽が出始めたときに5円玉をあらかじめ新芽に通しておき、大きく成長したときに株が5円玉を実らせたような形で売られていたことが由来になっているそうです。

一定の暑さ・寒さにも耐えられるので、1年を通して玄関先などで育てられているのをたまに見掛けます!

2023年11月19日

『カゲツ』と書かれた多肉が100円ショップの植物コーナーに並んでいたのを発見し、お迎えしました!

これまでこのサイズの金のなる木を見たことはなく、『カゲツ=金のなる木』ということをこのとき初めて知りました。

寒い季節に突入しているので、正直お迎えするタイミングとしても植え替えるタイミングとしても微妙ですが、植え替え後は比較的暖かい室内で育てようと思うので、根っこのチェック&土の入れ替えをかねて、植え替えをしました。

私が100円ショップでこれまでにお迎えした多肉植物は、根があまり生えていないことが多かったのですが、根の量は少ない方ではないと思います!

植え替え後

2023年12月9日

植え替え後はしばらく動きがありませんでしたが、16~20℃の温度がある室内で植物育成用LEDの光を11時間浴びているので、成長をし始めました。
植物育成用LEDをはじめとして「室内育成」の力は偉大です!

中央から展開してきている新しい葉が徐々に大きく成長しています。
株自体が大きく成長しないと開花はしないようですが、花を咲かせるとしたら11月~2月の寒い季節に開花するようです!

2023年12月30日

成長し始めたあとは、結構な勢いで成長を続けています!

多肉植物の中では、条件が揃えば成長速度はかなり早い品種ですね。

2024年1月20日

完全に成長の波に乗っている金のなる木です!

鉢が少し小さく見えるぐらい、サイズアップしました!
春には植え替えが必要かもしれません。

何年かかるかは分かりませんが、冬に玄関先で金のなる木の花を見れる日がくることを楽しみに、上手く育てていきたいです。

(更新中)

育成環境

日当たり
お迎えして植え替えをした直後は、植物育成用LEDを少し遠めからあてて育てていましたが、その後はLEDとの照射距離をメーカー推奨の距離まで近づけています。

水やり
土が乾くか乾かないかのタイミングで水やりをしています。

肥料
遅効性肥料を植え込んでいる土に混ぜています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次