リトープス(Lithops)をたねから育ててみます!~多肉植物・メセン類の実生~

目次

原産地等

原産地:南アフリカ・ナミビア
花言葉:「こよなき魅力」「用心深い」
科・属:ハマミズナ科 リトープス属
学 名:Lithops

リトープスはメセン類で、同じメセン類の冬型の多肉植物にはコノフィツムがいます。

コノフィツムとリトープスは自生地や育て方、さらには生育期も同じためよく似た植物としてしばしば比較される植物です。
リトープスにはカラフルな種類が多く平らな形をしていますが、コノフィツムには基本的には緑一色をしている品種が多く、形状は球状やハート形等、さまざまな形の品種がいます。

スクロールできます
コノフィツムリトープス
カラー緑一色カラフル
(紫、オレンジ等)
球状やハート型等平ら
コノフィツムとリトープスの比較

自生地はかなりの乾燥地帯で年間降水量を日本と比較すると、4分の1以下しかない過酷な環境です。

リトープスやコノフィツムは女性人気が高く、多肉植物のイベント会場では、女性のお客さんがリトープスやコノフィツムのブースを取り囲んでいます!

ただし、「ファンも多い一方で、刺さらない人にはあまり刺さらない多肉植物」
そんな存在が「リトープス」に抱く印象です!

種まき後の経過

種子の購入

“リトープス 種子ミックス”を多肉植物ワールドで購入しました!

多肉植物ワールド(yahoo!ショッピング)

種子は折りたたまれた紙に入っていました。

種子の大きさはとても小さく、誤って一度床にばらまいてしまったら見つけ出すのは困難だと思います。

種のまき方

同じタイミングで育て始めたコノフィツムと種まき方法は同じなので、ご興味があればそちらも読んでみてください。

種まき後70日目(2024年1月13日)

リトープスは手前の鉢に植わっています!
(奥の鉢ではアガベを種から育てています。)

種をまいてから2か月以上経過しているのですが、米粒と比べてもあまり変わらないぐらいのサイズ感です。

これが植物だと言われない限り、気付かないかもしれません!

種まき後77日目(2024年1月20日)

用土に鹿沼土を配合するとコケが生えやすいように思います。

生命力の強いコケが周囲で繁殖してしまうのは、育てている植物にとっても良い影響はないので種まき用土に鹿沼土は入れない方が良いように思います。

種まき後88日目(2024年1月31日)

残念ながら、ほとんど成長が見られません!

体内に多くの水分を蓄えることができる多肉植物でも、さすがにこの大きさでは体内に水をほとんど蓄えられないので、水切れには要注意なタイミングです。

表土が乾き始めたら、すぐに水やりをしています!

(更新中)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次