KANIK(カニック):横浜市内の塊根植物専門店に行ってきて圧倒された話

Caudex専門店

雨がすくなく乾燥している環境で生きていくために、水をたくわえるために根を太らせた“塊根植物”、そして茎を太らせた“塊茎植物”。
根や茎をプックリと太らせるタイプの植物と、アガベのチタノタ(オテロイ)などを総称して、“コーデックス(Caudex)”とよばれることもあります。

そのユニークな見た目にコアなファンが多い植物のひとつですが、いざ購入しようと思い探してみてもなかなか気に入ったカタチの“コーデックス”を、納得できる価格帯で購入できるお店は限られているのも事実です。

その限られているお店のひとつ、神奈川県横浜市内の「KANIK(カニック)」に行ってきたので、ご紹介します!

目次

KANIK(カニック)

スポンサーリンク

まちなかのお花屋さんはもとより、大きめの店舗を構えるガーデニングショップは、横浜市内にもいくつもあります。
いろいろな種類の植物を知ることができ、購入でき、そして育てるためのガーデニンググッズもひと通り揃えることができるので、大型店舗はありがたい存在ですが、植物の種類によっては金額が高めです!
そして、この“コーデックス”とよばれる植物は、大型店舗だとだいたい高めな金額設定がされているコトも多いです。

ペットショップでも同じことがあるかもしれませんが、植物の価格はあって無いようなモノなので、店舗によって金額がまったく異なるのはよくあること。

「KANIK」はわりと小さな店舗ですが、コーデックスの専門店としてカタチの優れている「良型」な植物を取り揃え、金額もリーズナブルなお店です!

店内の植物・グッズ

「KANIK」は国道16号線(横須賀街道)沿いにあり、“手もみ・ほぐしマッサージ店”の2階に店舗を構えています。

パキポディウム(Pachypodium)

値段をブログに載せてもよいということなので、価格は消さずに掲載しています。

塊根植物のほとんどは海外から輸入されてきているモノで、植物の輸入時には病害虫を持ち込まないように根を切った状態で輸入するのがルールです。
そのためまだ根を生やしていない未発根株と、輸入後に値を生やした発根株がありますが、「KANIK」で売られている植物のほとんどが「発根株」でした。

「パキポディウム」は“グラキリス”と“恵比寿笑い”を中心としたラインナップで、特にグラキリスは手乗りサイズだけではなく、大きめなグラキリスも結構な数の品揃えです!

価格帯は2万円を切るモノから、6万円弱のモノまでズラリ。
パキポディウムはマダガスカルで育つ植物なので輸入に伴う費用がかかり、またすこしずつ成長するため小さなサイズのモノでも、すでに発芽してから数年という月日が経過していたりするので、どうしても値が張る高級植物のひとつです。

小さなパキポディウム・グラキリスでも、発根株だと一般的なガーデニングショップでは3~4万円程度します。
また大きなサイズともなると、一般的なガーデニングショップでは取り扱いすら無いことも多いです。

「KANIK」では、自社で直接マダガスカルやアメリカなどから輸入しているので、植物の販売価格をおさえられています。

オペルクリカリア・パキプス(Operculicarya pachypus)

塊根植物の王様「オペルクリカリア・パキプス」もたくさん並んでいて、正確な株数は数えていませんが、おそらく20株前後売られていました。

オペルクリカリア・パキプスは、パキポディウム以上に値が張り、たねから育ててここまでのカタチにするのは、5~6年では到底不可能な成長速度です。
写真に映っているサイズとなると、数十年は育っていることでしょう。

オペルクリカリア・パキプスも一般的なガーデニングショップではあまり見かけることがなく、売られていたとしても1~2株のみで、選択肢も限られます。

パキポディウム同様に安価な価格帯で、ほかで入手するよりも5~10万円程度安い印象を受けました!

チタノタ(オテロイ):Titanota(Oteroi)

アガベの「チタノタ(オテロイ)」もまだまだ小さいサイズの株から完成された株まで、植物育成用LEDライトの光を浴びて元気良さそうな姿をしています。

「KANIK」の店舗に行ったのは今回が初めてでしたが、以前よりインスタはチェックしていました。
わたしがインスタを見ていた範囲では、おそらく最初は塊根植物のみがメインの店舗で、途中からアガベの育成・販売を始めたのだと思います。

なにかを始める際に“後発組”は不利にはたらく場合が多いですが、「KANIK」は“後発組”という印象を与えないラインナップと価格帯でした!

アガベという植物は、パキポディウムやオペルクリカリア・パキプスと比べると成育は早く、増やすこともできるので、一時期よりも価格帯はだいぶ落ち着いてきましたね。

スポンサーリンク

ユーフォルビア(Euphorbia)

多段式の下段の棚にはとてもカワイイ見た目をした、ユーフォルビアの「ラバティ(Labatii)」、「プリムリフォリア(Primulifolia)」の姿も。

この植物に対して惹かれるモノがあったので、店員さんに聞いてみました。

ラバティや、プリムリフォリアの成長速度はどれぐらいですか。
また、発根済みでしょうか。

成長速度はあまり早くないと聞きますが、当店でもまだ入荷して手探りで育てています。
また、輸入して既に発根している株がメインとなりますが、まだ根の量が少ない植物もいます。

「こちらは発根株ですよ!今回初めて輸入して次に輸入するかも分からないので、いま買わないと次にいつ出逢えるか分かりませんよ!」といったゴリ押しをしてくるガーデニングショップも、なかにはあります。
個人的に昔から、ゴリ押ししてくる営業スタイルはすこし引いてしまいますが、誠実な店員さんで落ち着いて植物を見極めることができるのも、ここ「KANIK」の魅力のひとつですね。

「KANIK」の店員さんの知り合いに、ラバティやプリムリフォリアを育てている方がいるそうですが、1年間育てていても1~2cm程度しか枝を伸ばさないとも仰っていました。

この日は自転車で約1時間かけて行ったので、植物を購入したとしても自宅までの帰路で激しい振動により、植物をダメにしてしまう可能性があったので購入を見送りましたが、どこかでまた機会があれば入手したいと思える植物が増えました!

クリアポット(Clear pot)

未発根株の根をださせるための発根管理中には、植物が実際に根をだしたかどうか常に気になってしまいます。
そんなときに便利なグッズ、「クリアポット」も置かれていました!

発根管理を土耕(どこう:土に植えて育てること)で行うと、どうしても値が生えてくる箇所が土のなかに埋もれてしまい、目視での確認がむずかしくなります。
発根しているかどうか気になって、何度も株を土から抜いて確認するのは植物にとっても良くないコトなので、土から抜かずとも発根状況の確認ができる“土耕での発根管理専門のグッズ”といえますね!

観葉植物などを育てていてもそこまで使用する機会が少ないグッズなので、こういう点からもコーデックス専門店というのが伝わってきます!

立ち入り禁止エリア

店内では、発根株を販売しているエリアのほか、立ち入り禁止となっている発根管理専用のエリアが設けられていました。

イベント時にはベアルート株の販売もされるようですが、基本的には未発根株を未発根株のまま売らずに、この立ち入り禁止エリア内で発根させてから販売するスタイルです。
よっぽど、発根管理の方法を確立していて、自信があるショップでないとできない営業スタイルですね。

発根には時間がかかるときもあるため、お店の販売サイクルを回す速度が下がりそうですが、それでも特に初心者の“コーデックスラバー”が失敗しないように配慮しているのでしょうか。
売って終わりではなく、売ったあとのことまで考えているとしたら、より一層「KANIK」に通いたくなります!

未発根株

未発根株について店員さんに聞いたところ、以下のような回答がありました。

直近で未発根株株の販売などは、予定されていないのですか?

(行った月の)来月の中旬に入荷しますが、うちのお店では未発根株でも大幅に金額が下がるわけではないですよ。

ただでさえ、リーズナブルなのと、すぐに塊根植物を発根させてしまう“発根ノウハウ”をお持ちなので、発根株と未発根株でそこまで大きな金額差が生じないということだと思います。

まとめ

長時間のお話をさせてもらったワケではありませんが、店員さんはどこか人見知りの印象を受けました。
わたしも人見知りなので、すこし同じにおいが・・・。笑
ただ、店内に並んでいた植物のことを聞いたときに、丁寧に植物の特徴などを教えていただき、植物に関する知識と植物愛が会話の中から伝わってくる、とても感じのよい方でした!

多肉植物のイベントに出店されることもあるようです。
もしかしたら、植物イベント時には、より一層安い価格帯で売られているのかもしれませんね。

塊根植物をお探しの方は、一度「KANIK」に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

KANIK(カニック)の基本情報

住所・アクセス

 神奈川県横浜市磯子区丸山1-2-6 コーケンビル202
「吉野町駅」から徒歩約14分

営業時間・定休日

AM11時00分からPM19時00分まで
火曜日定休

Instagram

KANIKの公式Instagram

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次