苔盆(KOKE BON):苔庭園 を作ってみました!植物が好きな方へのギフトに!

植物にドハマりしていることを周囲に公言していたところ、親せきからギフトで『苔盆:KOKE BON』 をもらいました!

いま人気の高い「苔テラリウム」と「ミニ盆栽」をかけあわせたようなネーミングですが、苔盆はどちらかというと「苔テラリウム」寄りな気がします!

透明なパッケージに入っているわけではないので、中は真っ暗ですが、ここまで真っ暗なところである程度の期間生きていける植物があることに、まず驚きです!

ほとんどの植物が生きていけないような、過酷過ぎる環境で生きていける苔とはいったい・・・。

スポンサーリンク
目次

手作りキットの内容

強い植物とはいいつつも、光合成がまったくできない真っ暗な中で生きていくことのできる期間にも限界があると思うので、さっそく開封してみました!

「苔盆」には飾るためのものだけではなく、育てていくために必要なものまで入っていました!

★手作りキットのセット内容★
  • 木箱
  • 底に敷くスポンジ
  • 苔(スナゴケという品種)
  • 化粧石の下に敷く底石
  • 化粧砂
  • ミニ灯籠(とうろう)
  • 黒い石(2つ)
  • スプレー(霧吹き)

苔盆のつくり方

ここからは、具体的に「苔盆」をつくっていきます!

用意するもの

用意するものはこれだけです!
  • ハサミ
  • ピンセット

スポンジ・底石を敷く

まずは木箱にスポンジを敷き、その上になるべく平らになるように底石をいれていきます!

手作りキットの説明書きでは「土の量は調整しましょう」とのことですが、すべて使っても問題ないと思います。

苔を配置する

苔は「スナゴケ」という種類で、日本の各地で見られるコケです。

日当たりの良い場所や風通しの良い環境で元気に育ち、お庭でも自然に育っていることのある品種ですが、この苔が暗い環境で長い期間耐えれる生命力を有しているのですね!

化粧石を入れる→水をかける→石などを置く

私は少し順番を間違えてしまいましたが、底石の上に化粧石を入れたら、スプレーで水をかけて化粧石を固めます!

「水で固めるとはどういうこと!?」とも思いましたが、水をかけた後に化粧石を触ってみたら、固まってました!
なにか特殊な化粧石なのか化粧石になにか付いているのか分かりませんが、化粧石が固まったのを確認してから、黒い石やミ二灯篭を配置するのが本来の順番のようです。

「スナゴケ、萎れているけど生きているの!?」とも思いましたが、スプレーで水をかけたら一瞬で生き返りました!

最初、水をかけた時はあまりの変わりように驚きました!

水やりをする前と後では、まるで別人ですね!

スナゴケは四季のある日本の庭に生息するぐらいなので、暑さや寒さにも強く、氷点下の環境や霜にあてなければ屋外でも育てらる品種です!

ガーデニングショップに行けば「苔テラリウム」のコーナーがあり、最近人気が高い苔ですが苔を育てたことがある方は少ないと思いますし、なかなかハードルが高く手を出せずにいたので、自分にとっては良いきっかけとなりました!

以上です!

今回は、植物好きな方へのギフトにピッタリな苔盆のご紹介でした!

本記事で紹介したものと全く同じものは見つけられませんでしたが、ネットでも注文ができるようです!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次