園芸用土のリサイクルについて~リサイクル用土の特徴と具体的なリサイクル手順~

鉢で育てている植物は、基本的には植物の成長にあわせて数年ごとに植え替えをしていきます。

自然の中では虫や微生物が養分を作りだし、「用土の劣化→用土の再生」というサイクルを生み出していますが、鉢内の限られた環境では、いったん用土が劣化してしまうと自然に置いておくだけではなかなか再生することはありません。

植え替えのときに出た用土は劣化していますが、そのまま廃棄するだけではなく、また使用することができます!

今回は「新しい用土とリサイクル用土の比較」、そして「劣化した用土のリサイクル方法」についてご紹介します!

スポンサーリンク
目次

リサイクル用土の特徴

まずは、リサイクル用土の特徴について!

費用

リサイクルをするときに、肥料を追加したり酸度の調整するために材料を補充することはありますが、コスパのよさはリサイクル用土の最大の特徴です!

用土のリサイクル材を購入するときにお金がかかりますが、新しく用土を購入するよりも安く入手することができます!

病気・ウイルスのリスク

もともと植わっていた植物が病気やウイルスに感染していた場合、用土にもウイルスが残っている可能性があります。

植物が急に枯れてしまった場合には、植わっていた用土をリサイクルすることはせずに、廃棄してしまった方が無難です。

肥料

もともと育てていた植物が用土の中に入っていた肥料分をすでに使い切っていて、古い用土には充分な肥料分が残っていないことがあります。

ゴミ・不要物

植物の根などの不要物が残っていることがあります。

葉が腐敗してできた「腐葉土」が土づくりに用いられるように、自然界では植物の根や葉は虫や微生物によって分解され、新しく栄養素に生まれ変わります。
しかし、鉢の中では短期間で腐葉土のようなものができる環境ではなく、また鉢内のスペースにも限りがあることから根や葉は残しておかずに取り除くことが望まれます。

結構やっかいなのは近くで育てていた植物や、どこからか自然ととんできた植物のタネがまぎれていた場合です。
植え替えをしたあとに発芽することもあるため、なんとか取り除きたいところですが、タネの大きさによってはふるいでも取り除くことができず、タネだと分かりづらい見た目をしているものもあります。

微塵・団粒構造

一つ一つの用土の粒が団粒と呼ばれる小さな集合体を形成しています。
団粒構造によって用土の中にもある程度の隙間ができ、通気性や水はけが良い影響をもたらしますが、用土の粒が崩れてしまっているので団粒構造が成り立たなくなっています。

環境配慮

古い用土は一般ごみに出したり、住んでいる地域によっては処理業者にお金を出して処理してもらったりと何かと困ります。

購入したときのビニール袋を削減することができ、天然資源である用土の使用量もおさえることができます!

新しい用土とリサイクル用土の比較表

以上のことをまとめると、こんな感じになります!

スクロールできます

新しい用土

リサイクル用土
費用発生リサイクル材のみ発生
病気・ウイルス低い可能性あり
肥料分商品による基本的に補充が必要
ゴミ・不要物少ないふるいが必要
微塵少ないふるいが必要
環境配慮配慮している
「新しい用土」と「リサイクル用土」の比較表

劣化した用土のリサイクル方法

それでは、劣化した用土はどのようにリサイクルすればよいのでしょうか!?

用意するもの

  • 園芸用手袋
  • 用土を広げることのできるシート
  • ふるい
  • 黒いビニール袋
  • 用土のリサイクル材(遅効性肥料など)
STEP
もともと植わっていた植物を鉢からだします

植物の根は用土に絡みつくように成長しているため、結構な量の用土が根についています。
植物の根をほぐしながら根に付いた用土を少しずつ落としていきます!

この作業時には、手袋をつけることをオススメします。

STEP
古い用土を広げて乾かします

用土は極力薄く広げた方が多くの空気にふれるので、早く乾かすことができます。

園芸用のシートがあると便利です!

STEP
ふるいにかけて不要物・微塵を取り除きます

ふるいを使用して根やごみ、微塵などを取り除きます。
ふるいは大きな網目→中ぐらいの大きさの網目→小さな網目の順番で使用します。

ヤシのチップや大粒の用土などはふるいにかけてもふるいの上に残りますが、これらはそのまま再利用できるので、不要な根やごみだけを取り除きます。

一番大きめと一番小さめな網目を使用するだけでも、おおかた不要物と微塵を取り除くことができます!

100円ショップで販売されているふるいは少し小さいので、用土の量が多い場合には何度もふるにかけることになりますが機能的には充分です!

STEP
用土を殺菌します

黒いビニール袋に用土をいれて、充分に水をかけて直射日光をあてます。

60℃以上のお湯に30分以上つけることで、殺菌がされるとされています。
天候や気温によりきりですが、太陽光にあてる期間は2~3週間程度を目安にします。

用土が少量であれば、沸騰させたお湯をかけて殺菌をする方法もあります。

STEP
用土のリサイクル材を使用します

観葉植物や野菜・花などに使用する用土には、「用土のリサイクル材」を使用して肥料や、酸性・アルカリ性の調整を行います。

乾燥を好む多肉植物の土の場合には市販のリサイクル材は使用せずに、遅効性肥料と用土にまぜるタイプの殺虫剤を入れます。

以上です!

用土をリサイクルには時間を要することもありますが、そもそも園芸自体が長いスパンで楽しむものです!

手間がかかりそうにも思いますが、新しい用土を使用する場合には用土の購入や廃棄などの手間がかかるので、比べると案外労力はかからないのかもしれませんね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次