ダイソーのピンクルビーの育て方・成長記録(Graptoveria Bashful)

目次

ピンクルビーの基本情報

育 て 易 さ:★★★★☆
成 長 速 度:★★★★☆
入手し易さ:★★★★☆
耐 寒 性:★★★★☆(耐寒温度(目安):-1~0℃)
耐 暑 性:★★★★★

科・属:ベンケイソウ科 グラプトベリア属
学名:Graptoveria Bashful

スポンサーリンク

ピンクルビーの成長記録

100円ショップで購入した『ピンクルビー』の成長記録です!

ピンクルビーは「バッシュフル」という名前でも流通していますが、バッシュフル(Bashful)は“恥ずかしがり屋の”、“はにかみ屋の”という意味を持つことばです。

恥ずかしくて顔をほんのりと赤らめるといった意味から名付けられたのが、“ピンクルビー”という通称名です!

2023年12月1日

現状はピンク色ではなく、パープル(紫色)またはブラウン(茶色)の方が近い色合いをしています。

100円ショップで売られている植物は育てていく過程で全く違った見た目に生まれ変わる品種もあるので、現状あまり本調子ではなく、この色に落ち着いているだけかもしれません。

100円ショップに限らず、たまに水持ちがすごく良い用土に植えられている植物があります。

プロの生産農家は数千~数万といった大量の植物を育てているため、全ての植物に水やりをするだけでも一苦労です。
そのため植物にとっては良い土とはいえませんが、少しでも水やりの回数を抑えられるように、水持ちの良い用土が使用されることがあるようです。

私はこの用土で上手く育てていく自信は無いので、用土の入れ替えがてら根や株の状況をチェックしていると、何かが付いているのに気づきました!

おそらく子株です!
売り場に並んでいるときには全く気づきませんでしたが、ピンクルビーは根元から子株を出す方法でも、子孫を増やしていく品種のようです!

この大きさで親株から外してしまうとその後うまく成育できない可能性もあるので、親株からは外さずにそのまま植え込むことにしました。

2024年1月13日

お迎えした時期も悪かったので、お迎え後はずっと室内育成をしていますが、この1か月半でピンク色とはさらにかけ離れた健康的な色になりました!

そして、サイズもだいぶ大きく成長しました!

ピンクルビーは秋口からの寒さにあたることで徐々に紅葉を始めるようですが、屋外の寒さにあてていないことで紅葉が進んでいないことが一つの理由だと思います。
そして、元々過ごしていたダイソーの売り場と現在育成している部屋の室温はそれほど変わらないと思いますが、植物育成用LEDライトによる光量や水はけのよい土がピンクルビーに合っているため、体調がよくなり緑色の健康的な色合いに変化したものと思われます。

ピンク色への紅葉を見るのは、次の秋になるかもしれませんが、健康的に育つのは見ていて元気をもらえます!

(更新中)

ピンクルビーの育成環境

日当たり
植物育成用ライトの光を毎日10時間程度あてています。

水やり
用土が乾いたら水やりをするサイクルを繰り返しています。

肥料
土に遅効性肥料を入れています。
液肥は与えていません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次