オトンナ・ヘレー(Othonna herrei)の育て方・成長記録 ※更新中

目次

オトンナ・ヘレーの基本データ

育 て 易 さ:★★★★★
成 長 速 度:★★★☆☆
入手し易さ:★★★☆☆
耐 寒 性:★★★★☆(耐寒温度(目安):0~3℃)
耐 暑 性:★★★★★

原産地:南アフリカ、ナミビア
科・属:キク科 オトンナ属
学 名:Othonna herrei(オトンナ ヘレー)

スポンサーリンク

オトンナ・ヘレーの成長記録

2023年12月9日

根の生えていない未発根のオトンナ・ヘレーを購入してきて、無事に根が生えてきたので多肉植物用の土に植え込みました!

徐々に、葉の数が増えてきています!

植えたときはまだ根の量がそこまで多くなかったので、まずはしっかりと活着してほしいところです。

オトンナ・ヘレーは耐寒性があり、氷点下でも耐えることができるという情報もありますが、原産地から判断すると3℃以下になると黄色信号が点灯すると思います。

2024年1月20日

しっかりと根付いたのか、株に勢いが増してきてアクセル全開という状況です!

ここまで大量の葉が生えてくる塊根植物(根や茎が太る植物)も、なかなか珍しいように思います!

もはや、上から見ても横から見ても塊根ボディがあまり見えません。

葉の枚数が多いというよりは、1枚あたりの葉が大きいです!

これだけの葉を維持していくために必要な水分を吸い上げていると思いますが、他の季節よりも部屋の気温が低いので用土が乾くのがかなり遅いです。
春から秋までの間に夏型の植物に水やりをするペースで、水やりをしないように「冬の育成モード」で育てていかないと根腐れなどの不具合につながりそうです。

(更新中)

オトンナ・ヘレーの育成環境

日当たり
植物育成用ライトで、毎日10時間程度の照射時間を確保しています。

水やり
乾燥を好む植物です。
表土が乾いても、用土の下は濡れていることがあります。
実際に鉢を手に持ち、スリット(鉢の横に入っている切れ目)から用土が乾いているのを確認できたら水やりをしています。

肥料
土に遅効性肥料を混ぜています。
液肥は与えていません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次