オトンナ・トリプリネルビアの育て方・成長記録・成育環境~冬型の塊根植物~

目次

オトンナ・トリプリネルビアの基本データ

育 て 易 さ:★★★★☆
成 長 速 度:★★☆☆☆
入手し易さ:★★☆☆☆
耐 寒 性:★★★☆☆(耐寒温度(目安):5℃)
耐 暑 性:★★★☆☆

原産地:南アフリカ
科・属:キク科 オトンナ属
学 名:Othonna triplinervia

スポンサーリンク

オトンナ・トリプリネルビアの成長記録

2023年10月14日

埼玉県草加市にある「シマムラ園芸」で行われた多肉植物のイベントで、「オトンナ・トリプリネルビア」が安く売られていたので購入してきました!

葉のうらが紫色なのが特徴的な、冬型の塊根植物(根や茎が他の植物よりも太る植物)です。

2023年11月4日

屋外で育てていたので風の影響だと思いますが、株が傾いてしまいました。

葉数が増えましたが、塊根部分には変化がありません。

オトンナ・トリプリネルビアは同じ株で雌花と雄花を咲かせますが、雌花と雄花の開花するタイミングが異なるため自家受粉をしない特徴をもっています。
トリプリネルビアのように雌花と雄花で開花するタイミングをずらす植物を、雌雄異熟(しゆういじゅく)といいます。

自家受粉をする植物は比較的簡単にタネをつけますが、いろんな遺伝子が組み合わさっていないため、環境への適応力は低いとされます。
一方オトンナ・トリプリネルビアのように雌雄異熟や、そもそも雄株と雌株があって自家受粉をしない雌雄異株(しゆういしゅ)の植物は、受粉までのハードルは上がりますが、遺伝子にバリエーションが広がるので、環境適応力が高い植物とされています。

2024年1月14日

冬型の植物であるオトンナ属の中ではあまり寒さに強くないといった特徴があるようですが、今のところ雨風を避けることのできる環境であれば、屋外でも問題なく育っています。
屋外の最低気温は1℃程度まで下がる日もあります。

2024年をむかえて2週間経ちましたが、はじめての水やりをしました。
水やりを少なめにした方が耐寒性があがりますが、水を切りすぎてもうまく成長できないので、水の加減が難しい季節です。

(更新中)

オトンナ・トリプリネルビアの育成環境

日当たり
屋外で簡易ビニールハウス内で育てているので、ビニール越しに光があたる環境です。
12月などの太陽が高いところまで上がらない季節は、あまり日が当たらない環境です。

水やり
オトンナの中では水を好む品種なので、最低気温が10℃程度の季節は週1回程度水やりをしています。
ただし、耐寒性が高くはない品種なので、最低気温が5℃以下になったら水を切り気味で育てています。

肥料
購入時の用土に植えたまま育てていますが、用土に遅効性肥料が入っているかは分かりません。
液肥は与えていません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次