アガベ・パリー・ライムストリーク(Lime Streak)の育て方・成長記録

目次

ライムストリークの基本データ

育 て 易 さ:★★★★★
成 長 速 度:★☆☆☆☆
入手し易さ:★★★★★
耐 寒 性:★★★★★★★★(耐寒温度(目安):ー18℃ ~ ー17℃)
耐 暑 性:★★★★★

原産地:メキシコ(ドゥランゴ州~サカテカス州)、アメリカ(ニューメキシコ州)
花言葉:『繊細』『気高い貴婦人』
科・属:キジカクシ科(クサスギカズラ科) リュウゼツラン(アガベ)属
学名:Agave parryi var. truncata ‘Lime Streak’

スポンサーリンク

成長記録

アガベ:パリートランカータに黄色い斑の入っている品種、「ライムストリーク」の成長記録です!

斑の入っていない、パリートランカータも育てていますが、とても成長が遅いです。
一般的には斑が入っている品種の方が成長は遅いとされるので、本種はさらに成長が遅いのかもしれません。

2023年11月26日

東京の五反田で開催された多肉植物のイベント「サボテン・多肉植物ビッグバザール」で購入してきました。

アガベはとても強い多肉植物なので、根が無い状態でも数か月から数年は生きることのできる植物です。
そのため根のない状態のまま売られていることもしばしばあります。

ライムストリークは購入時には既に発根しているようにも見えましたが、真っ白い根ではなかったので、念のため水を少し貯めた容器に根の部分を漬けていました。
このときは、無事に元気な白い根が伸びてきたときの写真です!

2023年12月2日

傷んでいる下葉を落としてから、一回り大きめな鉢に植えました。

ライムストリークは人の手によって作出された園芸品種ですが、原種であるパリートランカータは、冬には最低気温がマイナス20℃程度まで下がり、夏には最高気温が40℃程度まで上がる過酷な地域に自生している植物です。

そのため関東であれば屋外でも問題なく冬を越すことのできる品種ですが、早く成長した姿を見たいので屋外よりも暖かく育成用ライトで光の量も確保できる室内で育成をすることにしました!

葉にダメージもあり、水をあまり吸っていないのか葉が柔らかいですが、かなり安価に入手できたのでそこは我慢です。

スポンサーリンク

2024年1月13日

自宅の育成環境では、もっとも植物育成用ライトの光がよく当たる“一等地”で育てていますが、ここ1か月半程度で葉が一枚展開したぐらいの成長速度です。

成長の遅さは覚悟していましたが、根付いて成長をし始めたので良しとしています!

2024年4月27日

春になり、屋外の日差しも強くなってきたので、屋外の直射日光が当たる場所に移動しました。

お迎えてしたから約半年が経過しましたが、気持ち大きくなってきたかな。という感じです。

冬の間はずっと“一等地”で育てていたものの、サーキュレーターの風が少し弱く、用土がなかなか乾かずにいたので、そこは改善できればよかったと思います。
サーキュレーターから距離が近い位置では強めな風になり、距離が遠い場所ではすこし物足りない勢いになってしまうので、調整がむずかしいところですね。

植物育成用LEDもどんどん進化していて、いまや屋外よりも良い環境をつくりだすことができますが、屋外での成長はいかに・・・今後の成長が楽しみです!

(更新中)

育成環境

日当たり
室内管理時には植物育成用LEDライトで、毎日10時間程度の照射時間を確保しています。
屋外管理時には、なるべく長い時間直射日光の当たる場所で育てています。

水やり
表土が乾いたら水やりをするサイクルを繰り返しています。
アガベは「用土が完全に乾いたら水やりをする」のが基本的な水やりサイクルですが、株がまだ小さいうちは根腐れを起こさない程度に、どんどん水やりをした方が早く成長します。

肥料
用土に、徐々に効きだす遅効性肥料を混ぜています。
液体肥料などは与えていません。

自宅でアガベに使用する用土は、自分で配合してつくることが多いですが、市販の用土を使用することもあります。
個人的にオススメは用土は、下記のモノです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次