多肉植物を取り巻くことば:タニラーとしておさえておきたい用語(後編)

前編に続く記事となります!

ハ行からワ行までの、多肉植物を中心に園芸の専門用語をまとめました!

目次

多肉植物を取り巻く用語

ハ行 ~ ワ行

スポンサーリンク

ハ行

ハオ (はお) :ハオルチアの略称です。

ハイブリッド種(hyd):異なる品種の植物をかけ合わせて交配した種のことをいいます。
(⇔純血種)

パキポ:パキポディウムの略称です。
コーデックスの中でも、1位2位を争うほど人気の高い植物です。

培養土(ばいようど):複数種類の用土や肥料が配合されていて、植物をそのまま植えることのできる土のことをいいます。
例えば「多肉植物の土」として売られている土は、多肉植物を育てるために配合された「培養土」になります。
(⇔基本用土、補助用土)

葉挿し (はざし):多肉植物を増やすことができる手法の1つで、ちぎった1枚の葉から根を出させて、新たな植物の個体とすることです。
主にエケベリアやグラプトベリアで用いられ、葉を根元からキレイにちぎることで成功率が上がります。

鉢上げ(はちあげ):タネをまいて発芽した植物や葉挿しなどで根をだした植物を、鉢に植え替えることです。

鉢底穴(はちぞこあな):鉢の底に開いている穴のことをいいます。
鉢底から排水されるように設けられていますが、鉢底に穴が開いていないものもあるので、その場合は穴を開ける必要があります。
鉢を中に入れて使用する「鉢カバー」にも、鉢底穴は開いていません。

鉢底網(はちぞこあみ):鉢底に敷く網のことをいいます。
鉢底網を敷くことで、用土が鉢底からこぼれるのを防ぐだけではなく、鉢底穴からの害虫侵入を防ぐこともできます。

鉢底石(はちぞこいし):排水性や通気性を確保するために、鉢底に敷く石のことをいいます。

鉢増し(はちまし):これまで植わっていた鉢よりも大きいサイズの鉢に植え替えることです。
根腐れなどのトラブルを避けるために、植物に応じたサイズ感の鉢に植えることが一般的ですが、植物の成長に伴い鉢が小さくなってきた場合や、さらに成長を促したいときに「鉢増し」を行います。

発根(はっこん):植物から根が出てくることをいいます。
発根を促すことを、「発根管理」といいます。
「発根確立」は植物によって大きく差があり、塊根植物の王様といわれるオペルクリカリア・パキプスの「発根確率」は1~2割と低めです。
根のでていない株は、「未発根株」とよばれます。

発根促進剤(はっこんそくしんざい):発根管理を行うときに、発根を促すために用いられる薬剤です。
未発根株だけではなく、挿し木を行う際などにも用いられます。
発根を促すために用いられる薬剤には、「ルートン」や「メネデール」などがあります。

特にメネデールは、肥料と一緒に与える活力剤としても使用できるので、使用されている方が多いです。

葉水(はみず):植物の葉に、霧吹きで水を与えることをいいます。
主に高い湿度を好む植物に対して行う「葉水」ですが、寒さに弱い多肉植物を冬の間、室内に取り込んでいる場合などに行う場合もあります。

葉焼け(はやけ):太陽光や植物育成用LEDの光が強すぎることで起こる葉が焼ける現象のことをいいます。
高い気温や、風のない環境では葉焼けが起こりやすくなります。

春秋型(はるあきがた):春と秋に成長が旺盛になる植物のことです。
暑すぎる環境や、逆に寒すぎる環境では成育が緩慢になります。

半日陰(はんひかげ):木漏れ日程度の日が当たる環境をいいます。
半日陰の定義は曖昧な面もありますが、50%の遮光率がある環境だとされています。

バンカープランツ:害虫とされる虫を食べてくれる、「肉食の虫」を引き寄せる植物のことをいいます。

B面(ビーめん):360度どの角度から植物を見るかによって、見た目が異なります。
「この角度から見たときに、一番カッコ良い」と思う植物の面を「A面」といい、A面の反対側から見た植物の面を「B面」といいます。

ビザールプランツ:珍奇植物のことです。

微発根(びはっこん):発根をし出した、まだ生え揃ったとはいえない程度の根を生やした植物の状態を指します。
(=ちょろ根)

肥料焼け:過剰な肥料を与えた結果、植物が体調を崩してしまう症状のことをいいます。

斑入り (ふいり) :緑の葉に白や黄色など、本来の色とは違った色が付く植物のことをいいます。

普及種(ふきゅうしゅ):流通量が多く、入手するのが容易な植物のことをいいます。
普及種には、育てやすくどんどん増えていく品種が多いです。

覆土(ふくど):用土を上からかけることをいいます。
主にタネをまいた後に、タネに土をかけるときに使われることばです。

覆輪 (ふくりん):葉の縁に斑が入ることをいいます。

不織布(ふしょくふ):植物をおおって保護する被覆資材です。
主に防虫や、寒い季節を乗り越えるために使用されます。

分頭(ぶんとう):元は1つの成長点をもった植物が、2つ以上の成長点に分かれて成長していくことをいいます。

札落ち (ふだおち) :育成家庭の中で、植物の名前を書いた園芸ラベルが紛失し品種名が分からなくなった植物のことをいいます。

冬型 (ふゆがた) :寒い季節に旺盛に成長する植物のことをいいます。
ただし冬型の植物でも、原産地は氷点下になることはほとんど無いので、日本の冬は冬型の多肉植物にとっても寒すぎることが多いです。

ブロメリア:ブロメリア科(パイナップル科)に属している植物のことです。
ディッキアやエアプランツ(チランジア)も、このブロメリア科に属しています。

ベアルート:根が切られた株のことをいいます。
植物を輸出入するときには、病害虫を持ち込まないように「根を切ったうえで輸出入をする」といったルールがあります。

ベニカ:スプレータイプの中で、最もメジャーな殺虫・殺菌剤です。
1つ持っておくと、緊急事態にも対応できます。

pH(ペーハー、ピーエッチ):土壌の酸度を表すことばです。
植物にとって望ましいのが酸性なのか、アルカリ性なのかはそれぞれの植物が元々育っている原産地の土壌のpHによって異なります。

変種(へんしゅ):同じ品種の中で、他の植物とは異なった特徴をもった品種のことです。

穂木(ほぎ):成長の遅い植物の成長速度を上げるために用いられる「接ぎ木」の際に、上に接がれる植物のことをいいます。
一般的には、成長が遅い植物が「穂木」となります。
(⇔台木)

補助用土(補助用土):「ピートモス」や「バーミキュライト」、「パーライト」など、排水性や保肥性などを改善する目的で使用される用土のことをいいます。
「基本用土」とかけ合わせることで、自分オリジナルの用土をつくることができます。

マ行

窓(まど):葉先の透明な部分のことです。
主にハオルチアに使われることばで、光にかざすと光を通していることがよく分かります。

間延び(まのび):植物の茎などが、延びてしまうことをいいます。
日照不足などが間延びの原因となります。

幹上がり・幹立ち(みきあがり・みきだち):土のすぐ上から葉を展開させて幹があまり見えないような部類の植物の中でも、幹がしっかりと見えて、幹で立ち上がった上で葉を展開させる姿になる品種の植物に使われることばです。

実生:(みしょう):日本国内でタネから育てた植物のことを指します。
(⇔現地球)

微塵(みじん):非常に細かい土のことをいいます。
多肉植物は排水性がよい土を好むため、ふるいなどで微塵を取り除いて使用します。

水切れ(みずぎれ):水が足りなくなってしまったことです。
いくら乾燥を好む多肉植物でも、水が全くない環境では、いずれ枯れてしまいます。

未発根株(みはっこんかぶ):根が生えていない植物のことです。

雌株(めかぶ):オス♂の性質をもっている植物とメス♀の性質をもっている植物のうち、メス♀の性質をもっている植物のことを指します。
読み方は、“めすかぶ”ではなく“めかぶ”です。

雌花(めばな):オス♂の性質をもたない花のことをいいます。

メリクロン:成長点培養によって植物を増やすことができる、人工的な技術のことをいいます。
メリクロンで増やした植物を「メリクロン株」といいます。

木質化(もくしつか):緑色だった部分が、茶色く変色する現象のことをいいます。

元肥(もとごえ):植物を植えている土に、あらかじめ配合される肥料のことをいいます。

モンスト:植物の成長点が乱れて、変異体となることをいいます。
(=石化)

ヤ行

ユーフォ:ユーフォルビアの略称です。

寄せ植え(よせうえ) :1つの鉢に、複数の植物を植えることです。
いろいろな植物を組み合わせることで、植物の見た目をさらに引き立たせる手法です。

葉縁(ようえん):葉のふち(周り)の部分を指すことばです。

ラ行

ランナー:植物が茎を長く伸ばし、その先に子株をつけることがあります。
そのときに伸ばした茎のことを「ランナー」といいます。

稜(りょう):サボテンの縦方向に並んでいるヒダのことをいいます。

連棘 (れんし) :複数のトゲが連なっていることです。

ロゼット:茎がほとんど伸長しないで、葉が根についているようにみえる状態のことをいいます。

ワ行

矮性(わいせい):大人になっても、同じ品種の他の株と比較して小型な植物のことです。

脇芽(わきめ):茎の葉の付け根から出る芽のことをいいます。

以上です!
私自身知らないことばは多々ありますが、用語を知っていくことでさらに多肉植物を楽しむことのできる世界が広がるかもしれませんね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次