ヨネヤマプランテイション(本店)に行ってきました!~横浜市内で最大規模のガーデニングショップ~

神奈川県横浜市港北区にある、ヨネヤマプランテイション(本店)に行ってきました!

ヨネヤマプランテイション(本店)の売り場面積は4,000㎡ととても広く、神奈川県横浜市内で随一の規模を誇るガーデニングショップです!
店内には、植物だけではなく観賞魚や雑貨用品などの取り扱いもあり、首都圏と仙台に10店舗以上ある、ペットエコ本店(第1号店)も併設されています!

目次

ヨネヤマプランテイション本店の売り場

スポンサーリンク

ここ、ヨネヤマプランテイション本店は超大型なガーデニングショップショップだけあって、見たことも無い植物との出会いもあります!
植物学者や同業者以外のひとで売り場の植物を知り尽くしているひとがいれば、尊敬の域に達するレベルです。

この日はガーデニングのシーズンとはいえない1月でしたが、寒い中でも多くのお客さんで賑わっていました!

まずは、屋外から見て回ることに。

庭木・花木

まずは、お庭に地植えできる植物のコーナーです!

このコーナーではシマトネリコやオリーブ、ユッカ等の定番品種や“オージープランツ”も売られていました!
オージー(Aussie)とは『オーストラリアの』という意味なので、オーストラリアが原産地である植物のことをオージープランツと呼び、ユーカリやアカシアなどもオージープランツの仲間になります。

柵の奥にもたくさんの植物がありました
ブンゲンストウヒ・ホプシー かっこいい!

果樹

続いて、果物のなる木を取り扱うコーナー!

果樹は、一部の品種を除いて冬には落葉するようです。
一般的には常緑樹(1年を通して葉をつけている植物)よりも落葉樹(休眠期に葉を落とす植物)の方が成長が早く、エネルギッシュな植物とされているので、大きな実を付けるためのエネルギーを、冬の間は充電しているということですね!

おうかがいしたタイミングでは、多くの果樹が立ち並んでいました!

並んでいた果樹の品種
  • キウイ
  • サクランボ
  • プルーン
  • スモモ
  • アンズ 等々

これらの果樹をすべて育成し、順調に実を付けたら、果樹を食べ放題できる日々を送れそうです!

多肉植物

屋外と店内でそれぞれ多肉植物を扱うコーナーがありましたが、こちらは屋外の多肉植物コーナー。

寒い屋外で育てられているので、寒さには強い品種ばかりです。
主にアガベやエケベリアが置かれていました!

エケベリアは寒い時期に紅葉が進み、1年のうちでもっともキレイな発色をする品種もあるので、季節による変化も楽しみな植物です。

陶器鉢・プランター

次に、屋外で植木鉢やプランターを扱うコーナーへ!

この売り場にはホームセンターにも置いていそうなプラスチック鉢から陶器鉢まで、大きいサイズを中心に鉢がたくさん売られていました!
小型~中型サイズ植木鉢であれば、雑貨屋さんや100円ショップでもオシャレな鉢を見掛けますが、大きめサイズの陶器鉢はガーデニングショップでないとなかなか売られていないモノです。

下の写真に映っている風変りな鉢は、特許取得された「半永久的に使用可能な鉢」ということ。

半永久的に使用できるのに金額もそれほど高くなかったので、一生使用するとしたら、コストパフォーマンスに優れた植木鉢ですね!

室内用の植木鉢は、ヨネヤマプランテイションの店内に取り扱いがありました!

そのほか、なかなか街中のごくごく普通のお花屋さんなどでは、まず見ることはありませんが、ドライガーデンに使用できる石等も売られていました!
お庭があればドライガーデンにも、ぜひとも挑戦したいところですが・・・!

スポンサーリンク

花壇苗

花壇苗という名前が付いていますが、花壇が無いと楽しめないわけではないです!

このコーナーでは途切れることなく多くの方がショッピングを楽しんでいたので、なかなか全体像を写真に収めることができませんでしたが、広いコーナーに管理の行き届いたキレイな苗が、お手頃な価格帯で売られていました!

特に印象的だった植物は『ラナンキュラス ルージュ・ルージュ』という品種で、色鮮やかな花を咲かせていました!
(右下の写真に映っている植物です。)

「お庭や家の前をキレイなお花で埋め尽くす」、園芸にハマっているひとであれば、一度は思い描いたことのある理想像ではないでしょうか。

季節の植物・イベント広場

屋外の最後は、季節の植物コーナー!

ヨネヤマプランテイションを訪れた際は、多数のバラ苗が置かれていました。

上の写真に写っている植物、すべてがバラの苗です!

バラにはトゲもあるので、刺さらないように注意が必要ですね。

店内

屋外には、ほかにも用土や肥料等の取り扱いもありますが、一通り植物は見て回ったので店内へ!

店内の壁面には今、流行りのビカクシダもたくさんいました!
植物園などで見かける大きなビカクシダからは迫力を感じますが、観賞用のコンパクトサイズのビカクシダからはインテリア性を感じる植物です。

屋内の多肉植物コーナーでは、ハオルチアや寒い季節に成長期を迎える“冬型”の塊根植物も売られていて、男性ファンの多い植物たちが中心に売られているエリアとなっていました。

夏には、パキポディウムやアデニウム、そのほかにも“夏型”の塊根植物が並ぶコーナー。
屋外の“季節の植物”と同じように、その季節ごとに合った植物が取り扱われるエリアですね。

品種数も、植物自体も多いのですが、ヨネヤマプランテイションで売られている多肉植物は、価格帯はピンキリ。
時おり開催される多肉植物のイベントなどでは、お手頃価格で入手することもできますが、多肉植物専門店と比較すると普段は高めな料金設定がされていることも。
目利きができるひとと行くと安心ですが、植物の状態はどれもよいのと、同じ植物にまた出逢えることがあるかはわからないので、気に入った植物があったらその場で即決することをオススメします!

この日は、多肉植物の植え替え用にプラスチック鉢を買い足しに行ったのですが、植物を見て回っているとどうしても新しい植物をお迎えしたくなるものです。

この日も、アロエの「エリナケア」と「ボスウェリア・ネグレクタ」のカッコよさに、心がかなり動かされましたが、植物の育成スペースの都合上、なんとか辛抱しました。
せっかくカッコいい植物をお迎えしても、日がよく当たる場所を確保できずに、カッコいい見た目を維持できなくことが目に見えているので・・・。

アロエ エリナケア
ボスウェリア ネグレクタ

店内には、他にもさまざまなガーデニンググッズや、ガーデニングに関係する本などの取り扱いもあります。
ガーデニング本は、かなり大きな本屋に行かないと意外と取り扱いが少ないので、わたしもここで本を何冊か購入したことがあります。

ヨネヤマプランテイションは、本店以外にも4つの店舗を構えているガーデニングショップで、ほかの店舗についても別記事で紹介しています。

大規模な店内を歩き回ったあとには、店内にある「喫茶コーナー」でコーヒーを飲みながら休憩もできます!

ヨネヤマプランテイション本店には、いろいろな植物コーナーがあるので多くの品種の植物を楽しむことができ、駐車場も広く、横浜市営地下鉄ブルーライン新羽駅からもほど近いので、多くの交通手段でアクセスできるところも長所!

以上、横浜市内で最大規模のガーデニングショップのご紹介でした!

ヨネヤマプランテイション本店の基本情報

住所・アクセス

神奈川県横浜市港北区新羽町2582
アクセス(車):駐車場有り(150台) 第三京浜港北インターチェンジから約5分
アクセス(電車):横浜市営地下鉄ブルーライン「新羽駅」より徒歩3分

開園時間・休園日

AM9時30分からPM19時00分まで
元旦のみ

電話番号・公式HP

電話番号:045-541-4187
ヨネヤマプランテイション(本店)の公式HP

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次