フィロボロス・アマビリス(Phyllobolus amabiris)の育て方・成長記録

目次

フィロボロス・アマビリスの基本情報

育 て 易 さ:★★★★☆
成 長 速 度:★★★☆☆
入手し易さ:★★☆☆☆
耐 寒 性:★★★★☆(耐寒温度(目安):5℃)
耐 暑 性:★★★☆☆

原産地:南アフリカ
科・属:ハマミズナ科 フィロボルス属
学名:Phyllobolus amabiris

スポンサーリンク

フィロボロス・アマビリスの成長記録

秋から春までが成長期の冬型の塊根植物(根や茎を大きく太らせる植物)でメセンの仲間である、『フィロボロス・アマビリス』の成長記録です!

“メセン”は正式には「メセンブリアンテマム」といい、ハマミズナ科の多肉植物のうち、主に南アフリカ出身の植物群を指す通称名です。

2023年10月14日

埼玉県草加市にある「シマムラ園芸」で開催された植物イベントで購入してきました。

イベントに来るまでアマビリスのことは知らなかったのですが、見た目が気に入ったのと良心的な価格だったのでお迎えしてみることにしました!

2023年11月4日

本種の情報を調べてみたのですが、ほとんど確かな情報が確認できません。
お迎えしてから一定期間観察して分かったのは、アマビリスは水が足りていて調子がよいと葉がシャキッと立ち上がりますが、逆に調子がよくなかったり水が足りていないと葉が垂れ下がってくることです。

まだそこまで時間は経っていないのですが、早くも葉数が増えてきました。

2024年1月13日

お迎えしてから3か月が経過しました。

雨や風を凌ぐことのできる簡易ビニールハウスの中で育てていますが、さすがに寒すぎるのか水やりをしても葉が垂れ下がったままです。

もう少し観察して葉の調子が戻らなければ、室内へ移動することを検討します。
ただ、室内で育てることのできるスペースはレースのカーテン越しの光しか当たらない環境なので、徒長しないか不安です。

(更新中)

フィロボロス・アマビリスの育成環境

日当たり
秋から春までの成長期には直射日光をあてた方が調子がよさそうです。
なるべく長い時間、太陽光のあたる環境で育てています。

水やり
秋は用土が乾いたタイミングで水やりをしています。
寒い季節は、そこまで調子が上がらないので3週間に1回程度まで水やりの回数を減らしています。

肥料
購入してきた時の用土に肥料が入っているのか分かりませんが、液肥は与えていません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次